ギャラリー, ブログ, 過去のOrder

修理のご依頼

昨年のWasshoi ! Leather Collectionにて、Marmoの財布をご購入下さったマダムから、カード入れの部分が破れたと連絡頂き、修理のご依頼です!


使用していた革が、柔らかいひつじで、風合いも良かったので一枚で使いたかったのですが、やはり、こちらのミスでした。申し訳ございません。

カード入れの部分は、何枚か重なるので革自体を表から見ても自然に見えるように薄く割ったり、漉いたりしてもらいます。しかしその反面、強度も弱くなるのでそれを補うためにも、薄い布や革を貼ってしっかりさせます。今回は、その見極めが甘かった。

反省ですm(_ _)m

張りがある革なら、一枚のままでも問題無いのですが、私が使用している革は、その都度入手した様々な革。

フカフカな手触りが気に入って買った革でしたが、改めてデリケートさを再確認しました。

裁断した部分によっても、強度は微妙に違うし、革自体も、加工された状態だと、傷やシワなども隠れてわからないモノもたくさんあります。

革になる前に元々は、生きていた動物だから、イタリアでは、その傷もシワも生きていた証として認識されています。
「綺麗なとこばかり見ないでっ!∑(゚Д゚)」(うしや、ひつじの本音)

なので、大丈夫や思って大丈夫の時も大丈夫じゃない時もあるのです。
ご理解下さいませ。

○修理内容

革の裏に、カーフ(生後6ヶ月以内の子牛)を貼って、さらに、カード入れは16枚仕様でしたが、両サイドは、ポケットになっている方が使いやすいという事でカード段を減らして変更しました。

                              ☝︎       ここ。     ☝︎       


生後6ヶ月以内の子牛と言うけれど。。。目で見ると思ってる以上に大きいんですよ。立派な牛です!

大体5〜6カ月でお肉になる為に出荷されるようです。いつも美味しいお肉と皮をありがとう!)
そして

中を開けると。。。何かおる。


Ciao♡と言わんばかりに

幸せのアホウドリ登場♡
これは、ほんのお気持ち♡

御守りです!

大切なモノに現れるから、

大切に使ってほしいから♡



(手書きのName入り♡)
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
Vero Futuro dal 1985の作品達をご愛用して下さってる方々へ♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

実際使ってみて、ちょっと違う、ここが使いにくいなどありましたら何なりとおっしゃって下さいませ!

できる範囲でお直しさせて頂きます!

私もまだまだ発展途上です。

今回の件も、とっても勉強になりました!日々精進していきます。

ありがとうございました^_^

Pocket

2017-03-11 | Posted in ギャラリー, ブログ, 過去のOrderNo Comments » 
Comment





Comment